10,000円以上お買い上げでファイバーBAGプレゼント!送料無料 1-3営業日以内に発送いたします

Pylones Japon(ピローヌ ジャポン)は フランスの大人気デザイン雑貨ブランド 「PYLONES」の日本総代理店です。

<< タイに思いを馳せる | プチメモTOP | セルフマネージメント(三毒追放)! >>

人間関係について

2019.06.23 Sunday

人はどうしても1人では生きていけない訳で、どうにか家族や関係する人々とのやり繰りに、落とし所を見つけているのでしょう。


無意識にその環境や関係に溶け込める場合は超ラッキー。はたまた、かなり居心地が悪くいつもイライラしたり、適応できない場合もあると思います。



居心地の良い環境で、気の合う人たちとばかりと過ごせたら良いのですが、社会に出ると、なかなかそうは行かず。子どもを見ていても、保育園〜小学校〜中学高校〜大学、それなりに、喜怒哀楽を体感しながら、折り合いをつけています。


大人になると、出会う人の幅も広がり、時に丸で話が通じない事や、とにかくイライラするばかりで辟易する事も湧いて来ます。そんな時は、ぐっと我慢したり、戦闘モードに入ったり(?)、対応策を変えてみたり、何かと手を打たないと参ってしまいます。


〈フランスの友人の体はカラフルなタトゥーだらけ。これもチャーミングな個性!〉


他者を変える事はできないので、自分が変われるように、試行錯誤してその手法を探してみる事が良いのでは。


一つは、気の持ちよう。少しだけ心にゆとりを持っていれば、聞き流すとか気に留めないとか、アハハ〜と笑い飛ばして流すこともきます。ストレスを溜めない述ですね。


もう一つは、行動を変える。嫌な人には会わない手もありますが、そうも行かない場合もあります。人の性格や考え方のパターンを知ると、あぁ、この人はこんな考え方をしていて、自分とは違うんだと、受け止められるようになるのではないでしょうか。


人は皆違うんだ、家族や子どもでも違うんだと、その違いを見つめて行くと、意外にも、愛おしく思えたりして、新たな発見もあったりします。


人間関係が円滑になって、自分も楽しく生きられる、そこの所を、もっと学んでみたいと思うこの頃です。

コメント
コメントする








 
ブログ内検索
最近のエントリー

ブログ「スタッフブログ」

カテゴリー
アーカイブ
Others
Mobile
qrcode